読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リッチ・ムーア『シュガー・ラッシュ』 ビデオゲーム世代のトイ・ストーリー?

www.disney.co.jp

www.youtube.com

ピクサーの『トイ・ストーリー』(1995年)が真夜中の玩具たちの「隠された」生活を描いた作品とすると、本作はゲームセンターが閉店した後のゲームキャラクター達の「隠された」生活を描いた作品と言えるかもしれない。親になったゲーム世代にとっての「玩具」は正にテレビ画面の中のマリオやソニックやリュウだったわけで、おれたちの世代にとってのトイ・ストーリーって、こうじゃね?という問いかけが通底音として流れている気がした。

本作もトイ・ストーリーに劣らない名作である。

主人公のラルフはレッキング・クルーとドンキーコングを彷彿とさせる映画オリジナルのゲーム「Fix it Felix」の悪役キャラクター。

www.youtube.com

www.youtube.com

映画世界ではスト2をはじめ様々なゲームの悪役キャラクターがアルコーホリクス・アノニマスのように定期的に集まって悩みを相談しあっていて、ラルフはそこで悪役をもうやりたくないと告白する。物語はこのラルフの悪役からヒーローになりたい思いを軸に展開していくのだが、悪役からヒーロー役を目指す道筋が逆に悪への道筋として描かれているのがポイントだ。中盤で投げかけられる「You really are a bad guy」が痛い。ヒーロー役を象徴するメダルを手に入れるのが「Hero's Duty」(ヒーローの本分)というのも示唆的である。ただ、この映画の真の「悪役」を、ラルフのなり得た道と描くところまでは明言していないことに若干の物足りなさを感じた(よく考えれば同じなのだが)。とは言えクライマックスのレースの爽快感、ラストバトルでの放出のカタルシス、エンターテイメントの気持ちよさが存分に表現されていて素晴らしい作品であることに変わりはない。ビデオゲーム世代、特にナムコ、コナミ、カプコンのゲームに馴染みがある世代なら数々の小ネタも楽しめると思うが、そうでない世代にもオススメだ。

 

 

2018年には続編の公開も予定されている。

nlab.itmedia.co.jp

 

おまけ

www.youtube.com

 

 

 

TreehouseはPause

 

onf00t.hatenablog.com

 

teamtreehouse.com

 

Sketch 3のDiscount code目当てに入会したTreehouse。Appleみたいな新年セールあるよこれと期待するも、そんなものは無く、同社が提供していて自分的にもっけの幸いだと思ったIOSアプリ開発コースも、見るとSwift 2.0対応のままだったので、退会、というかPauseした。

退会とPauseの違いは、Pauseはいつでも再開できて、再開した時点から課金。Trial中にPauseした場合は、Trial期間後にコンテンツの視聴ができなくなるみたいだ。今回は12月31日にTrial開始したので、1月7日までコンテンツ視聴可能。月契約の途中でPauseすると、月契約の終了日までコンテンツの視聴可で、その後から見れなくなるみたい。

とりあえずSwift 3.0に対応するまで様子見だ。

Sketch 3はトライアル切れたら買ってしまおう。

ググったけどDiscount Codeはどこにも落ちてないな!

 

2016年11月12日公開 片渕須直『この世界の片隅に』1月6日視聴 大傑作

konosekai.jp

レイトショーでようやく視聴。前評判通りに泣いた。それどころか帰りの深夜バスでも思い出し泣きする有様。どういうこと?年をとって涙腺ゆるんだけど、映画で思い出し泣きなんかしたの記憶に無いよ。原爆が落ちる話なんだからどうしたって泣けるに決まってるじゃんと構えていたけど、それが思っていたようには描かれないところにこの物語の妙味がある。癒しがたい喪失は、癒しがたい喪失によって奇跡のように埋め合わされる。まさに神たるこうの史代の魔法としか言い様がないわけだが、それはたぶんあの戦争を生き抜いた人すべてへの祈りなのだ。だって、そうでなければあんまりにもやり切れないから。

 

こうの史代ってけして上手さを感じさせる絵柄ではないけど、片渕須直がそれを変に「改善」することなく忠実に映像化していたのが良かったと思った。押し付けがましさが微塵もない。のん(本名:能年玲奈)ものんびりとしていても芯の強い主人公のすずを自然体で演じていて素晴らしい。

 

原作を読んだらもう一回見る。

 

 

 

Sketch 3でフォントがありません "Some fonts in the document are missing"メッセージが出る

 f:id:onf00t:20170102184101p:plain

 

Sketch 3のTrialをダウンロードして最初に立ち上げたらこんなメッセージが出た。

新規ドキュメントで使われているフォントがシステムに無いという。

新規ドキュメント(空ファイル)なのにフォントが無いってどうゆうこと??

と思ったけど、新規ドキュメントでIOS UI Templateを選ぶと、最初に開く画面がこれなので、

 

f:id:onf00t:20170102190700p:plain

既に用意されている部品で大量のフォントが使われているということみたいだ。

フォントが無ければはある物で代替されるみたいなだが、毎回出ると思うとうざい。

 

検索するとこんな記事があった。

www.sketchappsources.com

 

しかし解決せず。

ここでインストールできるフォントの中に、メッセージで出ているフォントは含まれていないようだ。

 

結論:

ここからダウンロードしたフォントをシステムにインストールしたらフォントが無いメセージは出なくなった。

 

f:id:onf00t:20170102192737p:plain

テンプレートの部品で使われているフォントを見てみると、ちゃんとSF UI Textになってる。

 

それにしても、こういうのめんどくさいな。

使っているのが2011年のMac book airだから?

OSがEl Capitanだから?

そろそろ新しいMacを買ったほうがいいのか?

 

でもまだ全然使えるんだよ。

 

 

 

 

 

2015年12月16日公開 ギャレット・エドワーズ「ローグ・ワン」1月3日視聴 薄味

www.youtube.com

中盤寝た。映像のクオリティは高いし、泥臭いリアリティも好みだが、キャラクターがあんまり立って来ない。クライマックスの展開もよくできているが、言った通りキャラクターがあんまり立ってないので盛り上がらない。最後3分くらいはおおっと思った。(でもちょっとアッサリ風味。もうちょっと間とかタメとか欲しい)

個人的な提案としては、主人公の帝国軍and父親との因縁をもっと濃厚(父親が善玉かどうか最後までわからないようにして、そのせいで主人公は反乱軍でずっと冷や飯みたいな)にして、新マスコットロボのK-2SO(元帝国軍アンドロイド)とか、元帝国軍の貨物船パイロットのキャラクターの他にも、元帝国軍出身の反乱軍キャラを出して、「ならず者軍団」に「元帝国軍関係者」という設定をプラス(銀河英雄伝説のローゼンリッターみたいな)。ルークやレイア姫らの正統派チームと対比・絡みのシーンを入れると良かったんじゃないかと思う。反乱軍の光と日陰者でね。

でもまあ、ファンは観て損はしない感じ。

 

Sketch 3を50%オフで買う方法を試してみた

f:id:onf00t:20170102221856p:plain

Sketch - Professional Digital Design for Mac

買切り99ドルって、この手のツールではリーズナブルとさえ言えるが、50%オフの手があるとしたら、49.5ドルも節約できるとしたら、その手を使わない法はないだろう。

 

ネットで検索するとそれをうたっているサイトがあった。


medium.com

ざっくり言うと、Treehouseという月額25ドルのプログラミング学習サイトに登録すると、50%オフのクーポンコードが貰えるというものだ。

ミソは7日間のトライアル登録でもコードが貰え、コードを貰った後にトライアルをキャンセルすれば無料で50%オフが使えるというところだ。姑息である。

https://teamtreehouse.com/home

f:id:onf00t:20170103095657p:plain

 

秒速で登録した。

IOSアプリ制作のコースもあるし、sketchだけでなくいろいろなサービスやツールのクーポンコードをくれるようなので、アプリを作りたい自分にはぴったりでもあったからだ。

 

しかし、そんな甘い話はいつまでも続かない。

案の定TreehouseからSketch 3 50% Offのクーポンコードは消えていた。

このことはTreehouseのコミュニティで話題になっていた。

 

スタッフのリプライから考えるに、用意していたクーポンコードは全部はけてしまったようだ。次回入荷も未定。

ただこのクーポンは何回か消えたり復活したりしているようなので、今後の展開を見守りたい。

 

トライアルは停止した。

自作アプリを作るといい続けて早3年

自作アプリを作るといい続けて早3年。いや、もう5年かな。やる気はあるつもりなのだが行動が伴わない。アプリを作るためのベストなツールを調べることに時間をかけて、耳学問だけして来たこの年月。最初の一歩が踏み出せない。いつの間にか35歳から41歳になった。不惑なんかあっとゆう間だった。もう前厄だ。結局何から手をつけていいかわからなかったのが一番の要因なのだ。そしてそんなことは前から分かっている。じゃあ何でやらなかったのかよということになるだろう。でもそれを言ってたら本厄が来てしまうじゃないか。なのでもうやる。とにかくやる。何も考えずにやってしまうんだ。

まずデザイン。ユーザーインターフェース。話はそれからだ。

結局そこが決まらないと何を実装するのかわからないのだから、これを決めるのが何よりも先決だ。

そしてツール。これはいろいろある。Adobeも新しいツールを作っている。でももうSketchに決めた。これがデファクトだし、アレコレ迷う時間が無駄だ。

f:id:onf00t:20170102221856p:plain

Sketch - Professional Digital Design for Mac

Mac専用だ。うちに転がっている唯一のMac、2011年のMacBook Airの出番だ。新宿のビックカメラで買ったのが昨日のことのように思い出せる。iphoneアプリを作るために買ったのだ。ほとんど使ってなかったのでまだキレイだ。これから使い倒そう。

2017年の約束だ。

 

今週のお題「2017年にやりたいこと」