自作アプリを作るといい続けて早3年

自作アプリを作るといい続けて早3年。いや、もう5年かな。やる気はあるつもりなのだが行動が伴わない。アプリを作るためのベストなツールを調べることに時間をかけて、耳学問だけして来たこの年月。最初の一歩が踏み出せない。いつの間にか35歳から41歳になった。不惑なんかあっとゆう間だった。もう前厄だ。結局何から手をつけていいかわからなかったのが一番の要因なのだ。そしてそんなことは前から分かっている。じゃあ何でやらなかったのかよということになるだろう。でもそれを言ってたら本厄が来てしまうじゃないか。なのでもうやる。とにかくやる。何も考えずにやってしまうんだ。

まずデザイン。ユーザーインターフェース。話はそれからだ。

結局そこが決まらないと何を実装するのかわからないのだから、これを決めるのが何よりも先決だ。

そしてツール。これはいろいろある。Adobeも新しいツールを作っている。でももうSketchに決めた。これがデファクトだし、アレコレ迷う時間が無駄だ。

f:id:onf00t:20170102221856p:plain

Sketch - Professional Digital Design for Mac

Mac専用だ。うちに転がっている唯一のMac、2011年のMacBook Airの出番だ。新宿のビックカメラで買ったのが昨日のことのように思い出せる。iphoneアプリを作るために買ったのだ。ほとんど使ってなかったのでまだキレイだ。これから使い倒そう。

2017年の約束だ。

 

今週のお題「2017年にやりたいこと」